過去ログ一覧

My Original Songs

日本ブログ村

Powered by Six Apart

カテゴリ「TV・ラジオ」の1件の投稿 Feed

2006年12月23日 (土)

1リットルの涙

最近、過去のTVドラマをDVDで2タイトル観た。『1リットルの涙』と『ラストプレゼント』だ。偶然両方とも不治の病モノだった。こんなの2つ続けて観るかなぁーー、と自分でツッコミを入れたくなったが、知らなかったのだからしょうがない。いきさつはこうだ。
最初観たかったのは、『1リットルの涙』。妹がTV放送終了後に、「あれは号泣もんやったわー。」と言っていたのを思い出したからだ。ところが、TSUTAYAに行ってもレンタル中ばかり。そこで別の知人が感動したと言っていた『ラストプレゼント』を思い出し、先に観ることに。。。というわけだ。
しっかし、よう似た話やったわー(>_<)。1リットルは娘が、ラストプレは母親が不治の病にかかって、最後には死ぬというお話。確かにところどころ泣かせる場面もあったが、全面的に感情移入できなかったというのが正直な感想。
やはり、連ドラはリアルタイムに週一のペースで観ないとダメだなと思った。CMもないDVDで、第1話から最終回まで一気に観てしまうと、1話1話のエピソードを消化して徐々に感情移入していくプロセスが欠けてしまうようだ。
ところで、私は泣かせるドラマとか、泣かせる映画とか、泣かせる本とか聞くと、ついつい観たり読んだりしてみたくなるのだが、なかなかホントに泣けるものは少ない。そんな中で、今年ホントに泣かされたものがひとつだけある。それは、リリー・フランキーの『東京タワー』だ。これにはやられた。反則ワザを使って涙腺のツボを攻められた(T_T)。歳の納めにひと泣きしたい方にはオススメ。
Dscf0024aさて話は連ドラに戻るが、最近のものでは、『14才の母』とか『のだめカンタービレ』などが評判のようだ。どちらも二三回しか観ていないが、のだめの方は、クラシックのおいしいところが楽しめて、面白いと思った。
他に、今年面白かったドラマとしては『小早川伸木の恋』を挙げておきたい。
デンマークカクタス
FinePix4700z 花がピンボケに。。。(;´д`)トホホ