過去ログ一覧

My Original Songs

日本ブログ村

Powered by Six Apart

カテゴリ「MacBook」の1件の投稿 Feed

2009年9月14日 (月)

MacBook 内蔵ハードディスク 換装

Img_1011

MacBookの内蔵ハードディスクが残り5GBほどになってしまったので、思い切ってハードディスクの換装をしました。また、OSも新しく出たSnow Leopardをインストールしました。自分の覚え書きとして、また、MacBookユーザーの方に少しでも参考になればと思い、手順を記録しておきたいと思います。

1.ライセンス認証の解除
換装前にデータのバックアップを取るのですが、その前にまず、PhotoshopやIllustratorなどのライセンス認証を解除しておきましょう。各アプリのヘルプメニューに「認承の解除」という項目があります。これは簡単にできます。
iTuneの「コンピュータの認承の解除」(Storeメニューより)もやっておきましょう(これはApple IDを持ってる方だけかな?)

2.旧ハードディスクのバックアップ
私はサラの外付けハードディスクに内蔵ハードディスクをディスクイメージごとコピーしました(Carbon Copy Clonerを使用)。
コピー前にディスクユーティリティで外付けハードディスクをGUIDパーティションテーブル、Mac OS 拡張(ジャーナリング)でフォーマットしておけば、外付けから旧システムで起動できるようになります。

Photo

Photo_2

ディスクイメージごとバックアップする必要はないかも知れませんが、各自、必要ファイルは確実にバックアップしてください。

3.内蔵ハードディスクの換装
ハードディスクの換装はそれほど難しくありませんが、作業は細心の注意を払って行ってください。もし不具合が起きたとしてもAppleの保証外になりますし、私も責任は持てません。自己責任でお願い致します。

交換用ハードディスクは、ネットで秋葉館より購入。内蔵 2.5" Serial ATAの500GBにしました。

 【必要な道具】
  ・糸くずの出ない、柔らかできれいな布
  ・コイン
  ・精密ドライバー
  ・固いプラスティックのカード(磁気のないもの:図書カードなど)
  ・T8 トルクスドライバー(ヘクスローブドライバー)

 a. コンピュータを開けます
  MacBookを終了し、熱を持っている場合は冷めるまで待ってください。
  各コードを外します。電源ケーブルも外してください。
  柔らかい布の上でMacBookを裏返します。
  コインを使ってバッテリーを外しましょう。

Img_0986

Img_0987

  バッテリーを外したら、金属部分に触れて静電気を放電しましょう。静電気防止のため、作業が終わるまで、部屋の中を歩き回らないでください。

Img_0988

 b. 内蔵ハードディスクを取り外します
  L字型のRAMドアを外します。3カ所、精密ドライバーでネジをゆるめます。ネジはRAMドアから取り外さないようにします。

Img_0989

Img_0990

  RAMドアを外す際、プラスティックのカードを使うと外しやすいでしょう。

Img_0991

Img_0992

  折りたたんである白いプルタブを引っ張り出します。

Img_0993

Img_0994

  プルタブをゆっくり引くとハードディスクが出てきます。

Img_0995

  ハードディスクは両脇を持つようにしましょう。

 c.ハードディスクカバーの付け替え
  内蔵ハードディスク上面に着いているカバーを外して、換装するハードディスクに付け替えます。この時、4カ所のネジをT8トルクスドライバーで外します。

Img_1004

Img_1000

 d.新しいハードディスクを逆の手順で取り付けます
  ハードディスクをきっちり差し込んだら、プルタブを折り込みましょう。

Img_1006

Img_1007

 e.RAMドアを短い方からはめ込み、元通り取り付けます。
  はまりにくい時はプラスティックのカードを使うとよいでしょう。

Img_1008

 f.バッテリーを元に戻す
  元通りはめ込んで、コインでロックします。

Img_1009

以上で換装は終了です。

4.Snow Leopardのインストール
インストールの前に新しく取り付けたハードディスクをフォーマットします。
Snow Leopardインストーラディスクを挿入するとユーティリティというボタンがありますので、そちらからディスクユーティリティを起動し、GUIDパーティションテーブル、Mac OS 拡張(ジャーナリング)でフォーマットしてください。

Photo_3

フォーマットができたら後はインストーラの指示通りクリックすれば30分ぐらいで完了します。

5.アプリケーションのインストール
PhotoshopやIllustrator、iTuneなどの認承をしておきましょう。

6.取り外したハードディスクは・・・
秋葉館オリジナルMacbeth Mini Slimという専用のケースに入れました。USB接続で外付けハードディスクとして使えるようになります。iPodライクなデザインで、携帯にも便利です。

Img_1012

7.余談になりますが・・・
Logic Proのインストールがうまくいかないという方、いらっしゃいませんか? 私はこれまでLogic Proのインストールでかなり苦労しました。今回いろいろやってみて分かったのですが、OSのインストール直後、クリーンな状態で真っ先にLogicをインストールするとすんなり入ってくれるようです(外付けハードディスクなども全て外してください)。それでもフルインストールには2時間近くかかりましたが。

以上、MacBookユーザーの方に少しでも参考になれば幸いです。

web拍手