過去ログ一覧

My Original Songs

日本ブログ村

Powered by Six Apart

カテゴリ「写真・花・昆虫」の1件の投稿 Feed

2007年5月17日 (木)

タムロン90mmマクロ 初撮り

最近タムロン90mmマクロを購入しました。どうせ買うならもう少し早く買えば良かったのですが、お財布の事情により遅れてしまいました。キャノン純正の60mmマクロを薦めてくれる人もいてかなり迷いましたが、巷の評判やネット上でも使用している人の多いことなどから、タムロンにしてしまいました。
先日グリーンセンターで試し撮りをしてきたので、何枚かご覧下さい。

Img_3213 ヒナギク。ちょっと近づいて見た目はこんな感じ。

Img_3210 アップにしてみました。花は直径約1.5cmぐらい。まさに日の丸構図ですね(^^;

Img_3220 これがわすれな草だということを初めて知りました。英語で forget-me-not 。そして forget-me-not といえば尾崎豊ですね。大好きな曲です。
この花、直径1cm以下。ほんの微風でもかなり揺れます。ピントを合わせてシャッターを切るのがなかなかできません。

Img_3227 オダマキ。タマネギ型のドームのまわりにも咲いていましたが、これはハウス内で撮ったもの。このように花全体を撮ろうとすると、ちょっと引いて撮る感じになります。90mmだとAPS-Cサイズでは望遠気味マクロになるので、この辺は慣れが必要な気がしました。

Img_3229 ガーベラ。

Img_3230 シネリア(サイネリア)。花の密集しているところを切り撮ったのですが、何だかパソコンの壁紙のようにも見えませんか?

Img_3236 この花の名前は調べてみましたがちょっと分かりませんでした。

Img_3239 そろそろ帰ろうかなぁと思っていたとき、アゲハチョウが飛んできたのでひとしきり撮影しようと四苦八苦しました。蜜を吸っているときはジッとしていてくれるのですが、羽を閉じていることが多く、なかなかベストアングルで撮ることができません。これも羽の左側はボケていますし、花は白飛びしてしまいました。しかし初めてにしてはこれで大満足です。
halook33pさんが上手に撮られていますね。
昆虫などを撮るときは少し離れて撮れるので90mmのいいところですね。

花のマクロ撮影に関しては、まだまだ勉強が必要だなぁと感じました。ただ大きく撮っただけではつまらないので、どう演出するかが工夫のしどころですね。また、花にしても昆虫にしても写真的技術だけでなく、被写体の研究・観察も大事だと思いました。

【2009/07/23 更新】

え〜〜、このエントリー記事、私のブログでは1、2位を争う、非常にお客様の多い記事なのですが、内容があまり大したものではなく、申し訳なく思っています。タムロンの90mmマクロって人気があるんだなぁってよく分かります。

実はこの度、このレンズをモデル撮影会に使いまして、推薦(一等賞)をいただきました。興味のある方はそちらもどうぞご覧下さい。このレンズ、明るいだけにポートレートで使うというのもおもしろいかと思います。

エントリー記事↓

北陸中日 木場潟撮影会 推薦!