過去ログ一覧

My Original Songs

日本ブログ村

Powered by Six Apart

カテゴリ「写真・花」の12件の投稿 Feed

2008年4月12日 (土)

越前市味真野小学校の桜

去年、FUDOUさんに教えていただいた味真野小学校の桜、今年は見てくることができました。私が行った日、はるばる名古屋からもカメラマンたちが来ていました。

Img_1288

日の出の頃、いいものが撮れるかと思い、5時に現地入りしましたが、この日は霧が深く、あまり面白くありませんでした。
Img_1270

7時半頃には生徒達が登校してきました。
Img_1279

この日はちょうど満開。見事なものでした。
Img_1295

この桜、今は校庭のど真ん中にありますが、昔はこの桜のすぐ近くに校舎があったそうです。
Img_1300a

後日、ライトアップの桜も撮ってきました。1時間ほどの間に次々と見物の人たちが来ていました。
Img_1321

 

Canon EOS Kiss Digital X
TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(モデルA16)

2007年10月11日 (木)

秋景2点

あてもなくカメラを持って外へ。

見つけたよ、秋の空。こんな所に隠れていたんだね。
Img_6399_1

コスモス畑を歩いていたら、いつの間にか日は西に。
Img_6403

 

Canon EOS Kiss Digital X
EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

2007年8月 4日 (土)

石川県河北潟のひまわり村

8月1日、梅雨明けの日、河北潟のひまわり村へ行ってきました。もちろん、halook33pさんのお薦め情報を頼りに出かけたものです。朝8時半には現地に着いていました。天気は快晴、すでに太陽は高く昇り、ジリジリと肌を焼くような暑さになっていました。
大地一面。。。というほどではありませんが、35万本と言われるひまわりがちょうど満開の見頃を迎えていました。さっそく撮影を開始しましたが、今回は新調したばかりの脚立が役立ってくれました。

Img_4670 ひまわりの花は全て同じ方向(ほぼ東)を向いており、全体の様子を撮ろうとするとどうしてもバックに建物や電線が入ってしまいます。そこで、少し高い位置から花畑だけを撮ろうとすると、今度は花がまばらに見えてしまうんですね。なかなか難しかったです。

Img_4659 ひまわりの花を撮るにはやはりタテ位置で、青空をバックに撮るのが常道、といいますか、似合うようですね。

 

 

 

 

Img_4668

Img_4666

 

 

 

 

 

 

ふと空を見上げるとひとすじの飛行機雲。


Img_4685

 

 

 

 

ひまわり畑を撮ってみて思ったのは、花ハスの時と同じなんですが、自分だけの独創的な写真というのが難しいなということです。私の発想が貧困なんでしょうが、超広角レンズを使ってみるとか、人物をうまく配してみるとか、何か工夫がないと、どこかで見たことありそうな写真ばかりになってしまいそうでした。

最後にこのすばらしいポイントを紹介してくださったhalook33pさんにお礼を申し上げます。

Canon EOS Kiss Digital X
EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

2007年7月20日 (金)

南条花はす公園

Img_43567月19日(木)、南越前町の花はす公園へ行ってきました。早朝5時に起きましたが、少し出発に手間取ったため、現地には6時半到着となりました。花はすは日の出前頃からは開花し始め、昼前頃にはしぼみ始めるそうです。それを私は全然知らなくて、halook33pさんのコメント情報がなかったら、のんびり9時頃から出かけていたかも知れません。

 

Img_4363_1 6時半なら十分だろうと思っていましたが、着いたときにはすでにたくさんのカメラマンがいて、中には撮影を終えて帰りかけの人もいました。もっと早く出かけてもよかったようです。

 

Img_4392 花はすの開花状況ですが、どうやら見頃のピークは過ぎていたようです。花の数がちょっと少なく、また咲きたてのピチピチしたものが少なかったです。
また、お天気ですが、着いてしばらくは薄曇り状態だったんですが、だんだんと晴れてきて日差しが強くなってきました。今回撮影してみて思ったんですが、花はすの撮影には薄曇り、または曇りぐらいの方がいいようです。日差しが強いと花びらに影が出て陰影が強くなってしまいます。

 

Img_4411_1 露出を決めるのもかなり難しかったですね。花とバックの葉や水面の輝度差が大きく、花が白飛びしてしまったり、逆に全体がアンダーになったりで、ヒストグラムを見ながら試行錯誤で撮影してました。測光方式も変えてみましたが、なかなかうまくいきませんでした。

 

 

Img_4416_1 来年は今回の反省を踏まえ、日の出頃に現地到着するよう、また、お天気は曇りぐらいの時に行きたいと思います。見頃のタイミングもしっかり見極めて行かなければと思います。

 

Img_4467 さて、撮影を終えたのが9時45分頃で、時間的にまだ余裕があったので、今庄宿の宿場街道を見てくることにしました。車でゆっくり回っても短い距離で、所々に古い建物がありました。たまたま町の人にお話を伺うことができたのですが、明治天皇が北陸に行幸された際、当地にご宿泊されたことがあるそうです。中世から近世に掛けては、北陸と京都を結ぶ街道の宿場町として栄えたようですね。

行きは高速を使いましたが、今庄を出て、帰りは365号線と8号線から帰りました。それでもお昼頃には福井に着いていました。

Canon EOS Kiss Digital X
1〜3枚目 TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 (モデル272E)
4〜6枚目 EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

2007年7月 4日 (水)

足羽山散策 その1

今日は足羽山へアジサイを撮しに行ってきました。天気は曇り一時雨で、アジサイにはお似合いかなと思いました。

Img_3992 家を出て、車でちょっと走ったところにヒマワリを見つけ、ちょいと寄り道。やっぱりヒマワリには青空が似合いそうだなぁ。

足羽山の紫陽花ロードを車で上り、足羽神社の裏手にある駐車場に車を停めました。まずは愛宕坂を少し下りたところにある百坂の石段を下りてみることにしました。

Img_4017 この写真、実は少し細工がしてあるのですがお分かりでしょうか???

Img_4030 百坂を下りきったところに水道記念館があります。以前愛宕坂のライトアップ撮影に来たときには気が付かなかった場所です。ちょっとレトロな雰囲気のあるところでした。

Img_4048 百坂を途中まで戻ると横坂というのがあり、そこをずぅ〜と歩くと愛宕坂に出ます。愛宕坂の脇に咲いていたガクアジサイ。雨に濡れてしっとり、生き生き。

駐車場に戻るとちょうどお昼の時間。持参したパンと野菜生活で昼食。
小雨の湿気と暑さでシャツがジットリ、しばらく車のクーラーに吹かれていました。

Canon EOS Kiss Digital X
EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

2007年6月13日 (水)

ゆりの里公園

Img_3877坂井市のゆりの里公園(ユリーム春江)へ行ってきた。6月いっぱい『ゆりフェスタ』が開催されているとのことだが、花は一部満開の品種を除き、まだほとんどつぼみ状態で三分咲きといったところだった。

Img_3863 今日は気温がぐんぐん上がり、福井で最高29度だった。

3847

Img_3858

3枚目のみ TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 (モデル272E)
他は EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

2007年6月12日 (火)

タチアオイ

Ixy_0100今日、車で走っている途中、タチアオイが満開状態で群生しているのに出会った。身近な花ではあるけれど、花びらも瑞々しく、若さいっぱいという感じだった。

ついでがあったので、社会保険事務所に行ってきた。年金記録に記載漏れもなく一安心。

Canon IXY DIGITAL 900 IS

2007年5月18日 (金)

今日の写真:バラ、他

Ixy_0074今朝、いつも通る道沿いにきれいなバラが咲いていたので、思わずパチリ。デジ一眼を持っていなかったので、IXYで撮影。背景をぼかすことができない。
タムロンのマクロを持っていればなぁ。。。残念(v_v)

Ixy_0080 構図を気にして撮ったら、花にカメラの影が。。。(+_;)

Ixy_0086 タンポポの綿帽子。手前のものにピントを合わせたつもりなのに、後ろにピントが。。。

Ixy_0083たぶんウモウゲイトウ、小さくて色とりどりのかわいい花。

Ixy_0088 ロープ一本でビルの窓清掃!

Ixy_0091 デジタルズームでもまあまあの画質。
こんな人のギャラはどんなもんだろうって考えちゃいました。

2007年4月27日 (金)

菜の花ロード + ハナミズキ

福井市足羽川の“菜の花ロード"、行ってきました。青空との対比を期待したのですが、空は薄雲がかかっていて白っぽく、思い通りの絵にはなりませんでした。それでも堤防沿いを埋め尽くす菜の花は見事なものでした。ただ、ここの菜の花は、背丈がかなり高く、一つひとつの花の房は意外に小さいものでした。同じ菜の花でもいろいろ品種があるのかも知れませんね。
Img_2523 新明里橋近くから水越橋を望む。

Img_2524

Img_2526 これはトリミングをしました。マクロレンズがないので大きく写せません。ハチはせわしなく動き、なかなか思い通りの位置でとらえることができませんでした。

菜の花ロードへ行くのにさくら通りを走ったのですが、花月から湊小学校辺りの沿道は両側とも紅色の八重桜が満開でした。写真こそ撮りませんでしたが、これもまたなかなかきれいなものでしたよ。

Ixy_0071 最近、あちこちでハナミズキを見かけますね。先日紅色のハナミズキがきれいだったので、コンデジ(IXY DIGITAL 900IS)でマクロ撮影しました。紅色のものはベニバナハナミズキというそうで、白花に比べてやや樹勢が弱く、生長に時間がかかるため、価格もより高価だそうです。

2007年4月11日 (水)

夜桜:足羽神社と足羽川堤防

Img_21234月10日の日没がだいたい6時20分頃だったので、6時少し前には再びある建物の屋上に上がり、高い位置からの夜桜撮影にスタンバイしていました。防寒は考えていましたが、高いところだけに日没の時間待ちの間、少し肌寒かったです。

Img_2125 日が暮れてもライトアップが始まるのが遅く、夜桜らしくなってくるまでにけっこう時間がかかりました。まだ暮れ色が残っている間に撮ったものがこの写真です。今回夜桜を撮ってみて初めて分かったのですが、絞りをかなり絞って長秒時撮影をすると、街灯の明かりなどが、クロスフィルターを掛けたように星形になるようです。控えめな星形ならいいのですが、あまり大きく目立つようだとかえってうっとうしくなりますね。
Img_2132 場所を変え、もう一つの屋上から足羽川上流方向を撮ったものがこれです。この写真は、絞り3.5の1秒露出なので、街頭も星形になっていません。この方が自然な感じがします。絞り3.5でも広角側なので、かなりの範囲でピントが合うもんですね。それにしても屋上から眺める夜桜は見事なものでした。
Img_2144 今度は地上におり、桜橋から下流方向の夜桜並木を撮ってみました。地上に降りても輝く満開の桜並木は見事なものでした。

Img_2154 この頃には時間もかなり押してきており、私は急いで愛宕坂を上り、足羽神社のしだれ桜ライトアップを撮りに行きました。こちらの方はかなりの人で賑わっており、人影が入らないよう撮影するのにかなり辛抱強く待たなければなりませんでした。こちらの夜桜も豪華絢爛というしかなく、桜撮影の締めくくりにふさわしいものでした。この日は十二分に桜を満喫し、心地よい疲れと共に家路につきました。