過去ログ一覧

My Original Songs

日本ブログ村

Powered by Six Apart

カテゴリ「写真・撮影会」の13件の投稿 Feed

2010年1月16日 (土)

2009 航空祭 in KOMATSU 最優秀賞!

昨年11月1日に行われた、2009 航空祭 in KOMATSUの写真コンテストで最優秀賞をいただきました!
今朝、Shinさんからお電話をいただき、受賞を知りました。
(Shinさん、どうもありがとうございます)
そろそろ発表の頃なので気になってはいましたが、まさか一等賞とは!
2010年、幸先がいいです。

思い返せば、私にとって初めての小松航空祭、天気予報があまり良くなくて、行こうか行くまいか、さんざん迷ったのでした。あげく、前日午前3時まで起きていて、そのまま寝ずに小松へ向かったのでした。
いや〜〜、行って良かった! 全てがツイていた!

受賞作ですが、残念ながら主催者の規定により、ここでご覧いただくことができません。いずれ北國写真連盟のホームページに掲載されると思いますので、そちらでご覧下さい。

web拍手

にほんブログ村 写真ブログ 女性写真(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

2009年5月30日 (土)

春の足羽山撮影会 2009

先日新聞で発表がありましたが、今日、入賞のハガキが届きました。佳作でした。
毎度のことではありますが、この撮影会でもほとんどいいものがなく、応募したのは2枚だけ。自分でも佳作以上のものはないと思っていたので、この入賞は素直に嬉しいです。

「花を愛でる」
Dscf0669w

藤川貴子さん、1年で本当に成長しましたよね。柔らかい顔の表情、そして特筆すべきは両手の位置・表情がすばらしいです。まさに入賞は藤川さんのお陰だと思います。振り返れば藤川さんで3賞いただいているんですよね(今回を含め)。ホントに藤川さんには足を向けて寝られません(^^;。(←ちょっと自慢モード)
この写真、F値開放で5.0なのですが、背景のボケがイマイチなんですよねぇ。もっと明るいレンズが欲しくなりました。

FUJIFILM FinePix S5 Pro
AF-S DX NIKKOR 16-85mm F3.5-5.6G ED VR

2009年4月30日 (木)

菜の花フェスティバル

昨日(4月29日)、富山県「高岡といで菜の花フェスティバル」のモデル撮影会に行ってきました。

ビプロ所属の高野絵美さん
Dscf0793

Dscf0799

同じくビプロ所属の宮崎雅子さん
Dscf0899

Img_4233

フジクロームメイツの旭由香さん
Dscf0965

Dscf0938

お天気がとても良くて、久しぶりにピクニック気分、楽しみながら撮影できました。(ただし、写真は似たようなパターンの大量生産をしてしまいました)(;^_^A

撮影会の後、砺波チューリップフェアの会場がすぐ近くだったので、KENPIさんと一緒に行ってきました。北陸に住んでいながら、初めてチューリップフェアに行きました。たいへんな人出でしたが、なんとその会場で偶然K-ZONEさんにバッタリ!
お久しぶりにお会いしましたが、楽しそうに撮影されてました。

Dscf1012

Dscf1018

花の写真って難しいです。平凡な写真しか撮れませんでしたので、この2枚で勘弁してください。

4枚目のみ
Canon EOS Kiss Digital X
EF55-200mm F4.5-5.6 II USM
他は
FUJIFILM FinePix S5 Pro
AF-S DX NIKKOR 16-85mm F3.5-5.6G ED VR

2008年1月13日 (日)

金沢城公園撮影会 佳作!

昨年、11月23日に金沢城公園で行われた撮影会で佳作を頂きました(^^)v
発表があったことは知っていたのですが、入賞の通知も来ないのでダメだったんだなぁ〜と思っていたところ、KENPIさんからうれしい連絡をいただきました。
(KENPIさん、どうもありがとうございます)

今回の入賞は今までの中で最もうれしいものとなりました。というのは、3枚応募した中で、自分が一番気に入っていたものだったからです。また、応募総数117点中9点の中に入れたというのは、同じ佳作でも喜びは大きいです。

今回の場合、写真をアップしていいものかどうか、よく分かりません。
堂々とお見せできないのが残念です。

2007年12月27日 (木)

たけふ菊人形撮影会 佳作!

Img_7097

10月21日に行われたもの、やっと連絡がありました。
うれしい、というよりはホッとしたという感じです。この撮影会、入賞数が多いんです。トップの推薦から佳作40点まで、全部で61点が入賞となります。応募総数が309点ということですから佳作の値打ちというのはどんなものでしょうかねぇ。
佳作より上でないことには自分でも納得しています。何か今ひとつ決め手に欠けるんですよね。まぁ、今回は素直に喜び、来年さらなる勉強に励みたいと思います。
(写友のNさんからは昨日電話があり、入選と佳作、2点入ったとのこと、しかもなんと600万画素のコンデジということですから、やはりウデなんですね)

 

忘れてました、タイトルは「小春日和の休日」です。

 

Canon EOS Kiss Digital X
TAMRON SP AF28-75mm F/2.8 XR Di

2007年8月31日 (金)

さよなら、夏の日。

Img_5502

8月26日(日)、石川県加賀市片野海水浴場にて水着撮影会がありました。諸事情により大変遅れてしまいましたが、何枚かご覧頂きたいと思います。モデルは桐山みかさん(オフィスインデックス)です。

Img_5527

Img_5451

以上、午前の部より。
この日はお天気にも恵まれ、水着撮影にはもってこいの日でした。撮影会と言ってもコンテストではないので、自由気ままに楽しく撮ることができました。
普段の撮影会ではそんなに枚数撮らないのですが、この日は600枚近くも撮ってしまいました。しかし、帰ってからチェックしてみると駄作を量産していたのでした(T_T)。
やはり緊張感が足りないとダメですね。何を考えてシャッターを切ったのか分からないようなものがたくさんあり、反省することしきりです。

Img_5649

Img_5850

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

午後からの水着は色合いやデザインが素敵で、とってもセクシーでした♪ d(⌒o⌒)b♪。そのセクシーさをなんとか写真に写しとめようと思ったのですが、なかなか雑誌のグラビアみたいにはいかないですねぇ。

Img_5885
 

Img_5957

今回はかなり少人数での撮影会だったので、ポジション取りで四苦八苦することもなく、時間的にも余裕がありました。また、モデルの桐山みかさんもまんべんなく目線を回して下さったので、撮りやすかったです。
初めての水着撮影会、いい経験になりました。撮った枚数の割に出来のいいものは少なかったですが、反省材料を次のステップアップにつなげたいと思います。


Canon EOS Kiss Digital X
★印 TAMRON SP AF28-75mm F/2.8 XR Di
●印 EF55-200mm F4.5-5.6 II USM
無印 EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

2007年7月 4日 (水)

入賞! さばえつつじまつり

さばえつつじまつりフォトコンテストで入賞しましたぁ! (^_^)v

3137

今朝早く、ブログ友だちのよっさんから電話をいただき、自分の入賞を知りました。(よっさん、早々にありがとうございました) 賞は佳作です。応募総数325点中、入賞42点の中に入りました。
コンテスト入賞はこれで2度目(最初は昨年暮れのイルミネーションコンテスト)。しかし、モデル撮影会では初めてです。モデル撮影会は試行錯誤の中、悩んでいたので、今回の受賞はひときわうれしいです。
受賞作と同じ位置で撮影していた人はいっぱいいたので、私の場合、運も味方してくれたのでしょう。いわゆるビギナーズラックというヤツかも知れません(^^;。
7月8日にサンドーム福井で表彰式があるんだそうです。佳作でもうれしいですね。

Canon EOS Kiss Digital X
TAMRON SP AF28-75mm F/2.8 XR Di

2007年6月11日 (月)

撮影会:あわら北潟湖畔花菖蒲園

377310日(日曜日)、撮影会があった。身体が重く、あまり写欲がなかったが、無理をして出かけた。舞妓さんを撮れるというのは楽しみだったが、花菖蒲もまだ三分咲き程度、そして予想はしていたがたくさんのカメラマンにゲンナリ。撮る前から意気阻喪してしまった。

3776 結果は惨憺たるものだったが、この撮影会で入賞する写真とはどんなものか、興味津々である。あの状況で他のカメラマンより一歩抜きんでた作品を撮れるものだろうかと疑問に思う。

今回の撮影会でハッキリしたこと、それはストロボはクリップオンのままではダメだということ。7割強が縦位置撮影であり、影が横に出てしまった。やはりブラケットを使って縦位置時にストロボが真上に来るようにしないとダメだ。また、意味のないストロボは焚かないこと、これ反省点。


TAMRON SP AF28-75mm F/2.8 XR Di

2007年5月17日 (木)

撮影会:さばえつつじまつり

遅くなりましたが、5月4日、鯖江の撮影会です。西山公園は駐車場が少ないことをあらかじめ知っていたので、撮影会は10時からでしたが8時20分頃には現場に着いていました。この日は朝からすでに疲れていました。撮影会ラッシュの最終日でしたし、またこの日は暑かったんですよねぇー。おまけに撮影は西山公園を上ったり降りたり、あちこち移動しましたので終わった頃にはもうくたくたでした。
今回の撮影会は衣装を替えて午前と午後あったのですが、撮影ポイントの移動ペースがこれまでになくスローでした。大勢のカメラマンがいたことを配慮して時間を十分にとろうということだったのでしょう。私はいつものペースのつもりだったので、最初は三人のモデルさんの間を忙しく行き来していました。最初からスローペースだとわかっていればもう少しじっくり撮っていたのにと悔やまれます。
話が長くなってしまいましたが、実は今回いいものがほとんど無いんですよねぇ。160枚ぐらい撮ってるんですが、恥ずかしいことにろくなものがありません。撮ってるときからノリが悪いなと感じてはいたんですがね。その点、よっさんの方はさすが考えて撮ってらっしゃるなと感心します。見せていただくと勉強になります。
まぁ、悪いなりに少しだけご覧いただきましょう。

3037 井上優莉さんです。この方は表情の変化に乏しいモデルさんでしたが、目線をまんべんなくゆっくりとまわしてくれましたね。同じような写真はいっぱい出てくるでしょうね。

3053 タムロン28-75mm、F2.8開放で撮ってます。KENPIさんもおっしゃってましたが、開放だとややソフトフォーカスのようになるみたいですね。これ1枚で即断はできませんが。

3110 梅中ゆりさんです。これは写真としては凡作なんですが、見てくださいこの表情。この方、井上さんとは反対に顔の表情をどんどん変えて見せてくれましたね。ちょっとコミカルなキャラだと思いました。

3114 松山絵里さんです。長身で美脚な方でした(ここには写ってませんが)。

3137 これが今回の中ではマシかなという一枚です。

20日(日)はまた撮影会です。天気が悪くなければ参加したいと思っています。

2007年5月 2日 (水)

撮影会:あわら市吉崎御坊

26674月29日(日)、あわら市吉崎御坊での撮影会に参加してきました。天気は快晴。午後1時から約2時間半の撮影会でしたが、モデルさん二人で、途中休憩を挟んで衣装替えがあり、その分楽しめました。また今回は足羽山の撮影会の時と同じように、フジカラーのスタッフの方がレフ板を持ってくれましたので、その分助かりました。
前日、金沢での撮影会がさんざんだったので、今回はどうしようか考えていました。で、今回は主に望遠側でアップ気味の写真を狙おうと決めました。なので、広角気味に撮ったものはほとんどありません。
早めに現地に行ったので、あらかじめ露出がどの程度かチェックしました。結果、28-75mmのレンズではISOを200に、55-200mmではISOを400に設定することにしました。手ブレ予防のためです。

では撮影順にご覧いただきましょう。

2678 これは今回かなり気に入っている1枚です。表情がいいと思いますし、八重桜と衣装のピンクがシンクロしているのもいいと思います。自画自賛になってしまいましたが、気に入らない点がないわけではないのです。頭の真上にあるボケた花がどうも目障りなんですねぇ。もう少し絞った方が良かったのかなあ。。。?

2697 これを友だちに見せたら、バックのボケはいいけれども、ピントが合っている木の方が目に付いて邪魔だと言われました。まぁ、表情・ポーズ共にイマイチですが。。。

2712 これはポーズがいいなと思ったのですが、広角のレンズに付け替えているヒマがなく、また、後ろに引くと邪魔な植え込みが入ってしまう状況だったので、画面いっぱいいっぱいに納めるのがやっとで、まわりの風景を生かすことができませんでした。柵のところに絡んでいる黒と黄色のロープも目障りですね。このカット、よっさんも撮ってらっしゃるので、そちらと見比べてもらえるとおもしろいと思います。よっさんは青い空を大きく入れてグッドな写真になっています。

2725 これは、かわいい表情とポーズが結構気に入っているのですが、真後ろの木で台無しになってしまいました。いわゆる構図三悪のひとつ、“串刺し”というヤツですね。

2734 これはかなり気に入ってます。新緑とピンクの衣装の色がいいと思います。難を言えば、顔右側の髪がちょっとうるさい感じですね。

2766 これはトリミングしています。まぁ、可もなく不可もなしと言ったところでしょうか。

約160枚ぐらい撮りましたが、何とかお見せできるのは以上です。結構自画自賛していますが、そんなに満足しているわけではありません。辛口のコメントもお待ちしています。
よっさんが撮られた写真などを拝見すると、やっぱりもっと背景を生かさなければダメだなぁと感じました。
ところで撮影会というのは、ポートレートを撮るには過酷な条件下にあるなぁとつくづく思いました。大勢のカメラマンがひしめいて、ポジション取りが難しいし、モデルさんは一瞬しか顔を向けてくれません。時間も限られています。レンズ交換している余裕がほとんどないので、レンズの明るさとか画質を犠牲にしても、18-200mmのようなレンズ一本で臨むのが現実的かなとも思いました。
さて、3日、4日も撮影会です。一体どうなることやら。