過去ログ一覧

My Original Songs

日本ブログ村

Powered by Six Apart

カテゴリ「自動車」の1件の投稿 Feed

2008年9月 4日 (木)

ユーザー車検合格!

今日、ユーザー車検一発合格してきました。
かかった総費用、64,621円!! どうです、安いでしょう?

Ixy_0800

去年まではガソリンスタンドでやってもらっていました。結構高いという印象があったんですね。そこでディーラーで見積もりをしてもらうことにしたんです。以前ディーラーでオイル交換をしたら、意外と安かったし、ディーラーの方が仕事もキッチリしているかなと思ったからです。
ところがところが。。。見積もりの結果は173,531円!(@_@;)
確かにじっくり時間をかけて点検し、見積もりも細かく明細が付いていました。しかし、その金額はちょっと予想以上でした。

結局家に帰ってじっくり考えました。知人に自分で車検をした人がいたことを思い出し、さっそくネットでいろいろ調べました。すると意外と簡単そう、自分でもできるかも? と思ったんですね。思い立ったが吉日、その日の夜にはネットを通じてユーザー車検の予約をしてしまいました。

実際自分でやってみた感想、「意外と簡単!」(^^♪

ご参考までに私がやったことを簡単にまとめてみますね。
・8月某日 ネットでユーザー車検に関する概要を調べる。
《参考サイト》
http://www.wa.commufa.jp/~tankun/
http://www1.plala.or.jp/yworks/

その日のうちにネットでユーザー車検を予約。
http://www.kensayoyaku.mlit.go.jp/

・9月某日 下見を兼ねて福井運輸支局へ必要書類を買いに行った。
      検査ラインをじっくり見学、その手順を頭に入れる。
・9月3日 自分でできる範囲の点検をする。
      ヘッドライトやウィンカーなど、ランプ類のチェック。
      ワイパー、ウォッシャー液がちゃんと出るかどうか。
      ホーンが鳴るかどうか。
      ボンネット内を分かる範囲で点検。     
      カー用品店でエアーフィルター交換と発煙筒を購入。
      夜、書類に必要事項を記入。
・車検当日 朝、ボンネット内を簡単に清掃。
      予約の2時間ぐらい前に福井運輸支局へ。
      印紙の購入、自賠責保険の手続きを済ます。
      必要書類を添えて、ユーザー車検の受付をする。
      余った時間で検査ラインを再び見学、復習。
・係員の指示に従いながら、検査ラインを通して合格。窓口で新しい車検証とステッカーをもらって完了!

ざっとこんな感じなんですが、発煙筒は使用期限が切れていないか注意して下さいね。下回りに関しては自分では点検できないので、整備工場などで事前に見てもらうとベターかも。私の場合、ディーラーで見積もりをしたときに点検してもらったので、悪いところは分かっていましたが、大丈夫だろうという判断でそのまま車検受けました。
あと、検査ラインを通すとき、4灯式のヘッドライトの場合、ロービームのライトは紙などで覆っておいた方がいいです。

以上、文章に書くとなんだか面倒で難しそうと思われるかもしれませんが、ネットで参考サイトを見ておくこと、あと検査ラインを事前に見学しておけば簡単です。
ただし、ユーザー車検はあくまでも必要最低限で車検を通すということであって、実際の愛車の点検整備は日頃から自分の責任で定期的に行うようにしましょう。

《ユーザー車検費用内訳》
自動車重量税  37,800円
自賠責保険料  22,470円
検査手数料などの印紙代  1,800円
必要書類代   220円 ←確かこれくらいだった(^_^;)
エアーフィルター 1,764円
発煙筒   567円
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
計  64,621円