過去ログ一覧

My Original Songs

日本ブログ村

Powered by Six Apart

« 2010年4月 | メイン | 2010年6月 »

2010年5月の4件の投稿

2010年5月29日 (土)

フルートとハープの二重奏

最近クラシックを少し勉強し直しています。
なので、地味めの曲が続きます。

Duo_for_flute__harp_2

〈アートワーク写真〉
Flute Macro -- Lugia's Song Pokemon IMG_4907
by stevendepolo
http://www.flickr.com/photos/stevendepolo/3830017899/

 

web拍手

にほんブログ村 音楽ブログ 作詞・作曲へ
にほんブログ村

2010年5月27日 (木)

Don't give me a fake smile 曲=『迷いの森』

映像を見るより、曲を聴いて下さい (^^ゞ。
最初、ピアノ曲として作ったものをアレンジしました。
映像と曲名がマッチしませんが、そこはご愛敬ということで。。。

 

 

写真="Don't give me a fake smile" by Jen SFO-BCN
http://www.flickr.com/photos/jenniferwoodardmaderazo/561146390/

 

web拍手

にほんブログ村 音楽ブログ 作詞・作曲へ
にほんブログ村

2010年5月25日 (火)

弦楽四重奏 習作(そぞろ歩きの街角)

短い曲ですが、久しぶりに作曲らしいことをしたような気がします。
ピアノ曲として作ったものを弦楽四重奏にしてみました。
2部形式で、コードはトニックとドミナントのみです。
ただし、各楽器の音域などは吟味していませんし、弦楽四重奏の楽式についても全くのシロウトです。


 

web拍手

2010年5月17日 (月)

『少女革命』(巡音ルカ)

久しぶりに曲ができました。・°°・(>_<)・°°・。(うれし泣き)
もう僕には曲作れないんじゃないかと落ち込んでいたのでした。
作曲の教則本を紹介したりしましたが、理論を勉強したからといって必ずしもバンバン作曲できるようになるわけではないみたいです(;^_^A アセアセ。

今回はピアプロのコラボ“水あめ学園”というところで、僕が作曲した曲に歌詞を付けていただきました。作詞をして下さったのは歩夢さんという方です。ロック調の歌にピッタリの歌詞をいただいて、とても気に入っています。ぜひ一度お聴き下さい!

 

【制作メモ】
今回この曲を作るに当たり、DTM MAGAZINE 2010年4月号の藤巻式コード作曲講座を参考にさせていただきました。とても勉強になったので、紹介がてら制作メモとして残しておきたいと思います。

※ロックのコード進行は型破り!
僕は作曲をするとき、コード進行を先に決めてから始めることが多いです。メロディを発想してからコードを付けていくという、いわば正統法でやることは少ないです。なので、コード進行を決めるのにけっこう苦労します。
音楽理論を勉強するとコード進行にはいろいろ規則があることが分かります。たとえばサブドミナント→ドミナントという進行(C調で言いますとF→G)が普通ですが、ドミナント→サブドミナント(G→F)という進行はタブーというか、あり得ないと教わります。
ところが今回藤巻さんに教わったのは、ロックではこのドミナント→サブドミナントという進行が“ロックらしさ”として平然と使われるということです! これには驚きました。そんなのアリ?!という感じです。他にもAm→CDm→F(C調)という、クラシック的音楽理論ではあり得ない、全く逆の進行がロック的なのだそうです。
というわけで、『少女革命』ではこのロック的コード進行を一部使わせていただきました。

※リフのつくり方
ポップスとかロックにおいてクールなリフがある曲はそれだけでとても印象に残ります。ところが僕は今までどうやってリフを作ればいいのか、よく分かりませんでした。コードが変化してもゴリ押しできるリフのフレーズというのが全く謎だったのです。
これについても藤巻先生が秘密を明かして下さいました。結論から先に言いますと、9thがらみのAmペンタトニック・スケールを使うのです! つまり「ド・レ・ミ・ソ・ラ・シ」(=ファ抜き)でリフのフレーズを作れば、コードが変化してもさほど不協和な感じにならないということです。ペンタトニック・スケールと言われて、なるほどと納得しました。(詳しいことはDTM MAGAZINEを参照して下さい)
また、リフにポリリズムを使うということも教えていただきました。
というわけで、『少女革命』では以上のことを踏まえたギターリフが使われています。


 

web拍手

にほんブログ村 音楽ブログ 作詞・作曲へ
にほんブログ村