過去ログ一覧

My Original Songs

日本ブログ村

Powered by Six Apart

« 2009年4月 | メイン | 2009年6月 »

2009年5月の3件の投稿

2009年5月30日 (土)

春の足羽山撮影会 2009

先日新聞で発表がありましたが、今日、入賞のハガキが届きました。佳作でした。
毎度のことではありますが、この撮影会でもほとんどいいものがなく、応募したのは2枚だけ。自分でも佳作以上のものはないと思っていたので、この入賞は素直に嬉しいです。

「花を愛でる」
Dscf0669w

藤川貴子さん、1年で本当に成長しましたよね。柔らかい顔の表情、そして特筆すべきは両手の位置・表情がすばらしいです。まさに入賞は藤川さんのお陰だと思います。振り返れば藤川さんで3賞いただいているんですよね(今回を含め)。ホントに藤川さんには足を向けて寝られません(^^;。(←ちょっと自慢モード)
この写真、F値開放で5.0なのですが、背景のボケがイマイチなんですよねぇ。もっと明るいレンズが欲しくなりました。

FUJIFILM FinePix S5 Pro
AF-S DX NIKKOR 16-85mm F3.5-5.6G ED VR

2009年5月13日 (水)

ソナチネ第2番 〈五月の公園で〉

Sonatine_no_2

拍手する

2009年5月10日 (日)

ソナチネ 第1番

ソナタ形式のピアノ曲を作ってみました。小規模な習作なので、ソナチネです。
形式を守りながらも、できるだけ自分の個性を出せるように努めました。

Sonatina_no_1

拍手する


《アートワーク写真》
"Stained glass in Montserrat" by borkur.net

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
【本の紹介】
『和声のしくみ・楽曲のしくみ』 島岡譲 著 音楽之友社
今この本に手を付けてます。久しぶりにエキサイトする本に出会いました。クラシックの理論・作曲法の概略を手短に俯瞰できる本だと思います。
以前、『ポピュラー音楽理論』という本を紹介しましたが、あれも実にいい本でした。ただ、作曲の具体的方法については記述がありませんでした。この『和声のしくみ・楽曲のしくみ』には、4声体・ピアノによる編曲、作曲の実際・クラシック音楽の楽曲の構成・和音の総括などについて書かれており、作曲の現場で非常に参考になることが書かれています。
もし作曲をしてみたいという方がいらっしゃいましたら、まず『音楽理論ワークブック』(リットーミュージック)北川祐 編著で身近なポップスについて勉強し、次にこの『和声のしくみ・楽曲のしくみ』でクラシック音楽の基礎を学ばれるといいと思います。ゼッタイオススメ。

ついでに次に読みたい本も書いておきます。
『総合和声ー実技・分析・原理』 島岡譲 他 著 音楽之友社
『明解 和声法〈上・下巻〉』 植野正敏 著 音楽之友社