過去ログ一覧

My Original Songs

日本ブログ村

Powered by Six Apart

« 2007年6月 | メイン | 2007年8月 »

2007年7月の11件の投稿

2007年7月28日 (土)

動画貼り付け実験

YouTubeの動画を貼り付けられるかどうか、実験です。

「ヘタクソすぎる着陸w」というものですが、これって面白いと思いませんか?

2007年7月23日 (月)

写真雑誌

200707231806a

今日買ってきた雑誌:「デジタルフォトテクニック」「CAPA」
立ち読みしてきた雑誌:「デジタルフォト」「デジタルカメラマガジン」「デジフォト!」「カメラマン」「アサヒカメラ」「日本カメラ」

「デジタルフォトテクニック」は特集記事:“クリップオンストロボ撮影テクニック”に興味を惹かれ購入。
「CAPA」は巻頭特集 “デジタル一眼レフのシャッターマジック”や、“夏の「涼」を撮る”、“今、買い時のベストズーム8本”などに惹かれ購入。

ちなみに先月は「フォトテクニック」「デジタルフォト」、先々月は「デジタルフォトテクニック」「デジタルフォト」を買いました。
各写真雑誌のプロカメラマンによる質の高いグラビアも目の保養になりますね。

皆さんは普段どんな雑誌を買っていますか?(写真雑誌に限らず)

※上の写真は特に深い意味はありません(^^ゞ。今日帰り道、信号待ちでふと撮ってみた写真です。赤錆びた大きな円筒形の物体が夕陽に照らされていました。(携帯のカメラです)

2007年7月20日 (金)

南条花はす公園

Img_43567月19日(木)、南越前町の花はす公園へ行ってきました。早朝5時に起きましたが、少し出発に手間取ったため、現地には6時半到着となりました。花はすは日の出前頃からは開花し始め、昼前頃にはしぼみ始めるそうです。それを私は全然知らなくて、halook33pさんのコメント情報がなかったら、のんびり9時頃から出かけていたかも知れません。

 

Img_4363_1 6時半なら十分だろうと思っていましたが、着いたときにはすでにたくさんのカメラマンがいて、中には撮影を終えて帰りかけの人もいました。もっと早く出かけてもよかったようです。

 

Img_4392 花はすの開花状況ですが、どうやら見頃のピークは過ぎていたようです。花の数がちょっと少なく、また咲きたてのピチピチしたものが少なかったです。
また、お天気ですが、着いてしばらくは薄曇り状態だったんですが、だんだんと晴れてきて日差しが強くなってきました。今回撮影してみて思ったんですが、花はすの撮影には薄曇り、または曇りぐらいの方がいいようです。日差しが強いと花びらに影が出て陰影が強くなってしまいます。

 

Img_4411_1 露出を決めるのもかなり難しかったですね。花とバックの葉や水面の輝度差が大きく、花が白飛びしてしまったり、逆に全体がアンダーになったりで、ヒストグラムを見ながら試行錯誤で撮影してました。測光方式も変えてみましたが、なかなかうまくいきませんでした。

 

 

Img_4416_1 来年は今回の反省を踏まえ、日の出頃に現地到着するよう、また、お天気は曇りぐらいの時に行きたいと思います。見頃のタイミングもしっかり見極めて行かなければと思います。

 

Img_4467 さて、撮影を終えたのが9時45分頃で、時間的にまだ余裕があったので、今庄宿の宿場街道を見てくることにしました。車でゆっくり回っても短い距離で、所々に古い建物がありました。たまたま町の人にお話を伺うことができたのですが、明治天皇が北陸に行幸された際、当地にご宿泊されたことがあるそうです。中世から近世に掛けては、北陸と京都を結ぶ街道の宿場町として栄えたようですね。

行きは高速を使いましたが、今庄を出て、帰りは365号線と8号線から帰りました。それでもお昼頃には福井に着いていました。

Canon EOS Kiss Digital X
1〜3枚目 TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 (モデル272E)
4〜6枚目 EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

2007年7月18日 (水)

青い自転車

Ixy_0122

ライトブルーの自転車発見!

Canon IXY DIGITAL 900 IS

2007年7月15日 (日)

福井鉄道200型式撮影会

先週の日曜日、午後から福井鉄道の西武生駅構内で、200型式という旧型車両の撮影会がありました。電車の撮影会というのは初めてだったのでちょっと興味が湧き、行ってきました。
車を鯖江市内の某所に置かせてもらい、最寄りの水落駅から西武生駅に向かいました。日曜だったので、一日フリー乗車券(500円)を利用しました。
このところ花堂店写真クラブの影響なのか、私も“鉄ちゃん”の自覚症状が少し出てきているようです。カメラを持って水落駅のホームに立った途端、がぜん電車の写真が撮りたくなりました(^^;。

Img_4308 水落駅は上下線がすれ違う駅でした。武生方面行きの運転席近くから下り電車を撮りました。

Img_4337 西武生駅に着くとホームの端に二つくっついたミラーを発見。鉄道写真では、ミラーを利用するのは常套手段の一つなんでしょうが、二つくっついているのは珍しいんじゃないでしょうか?? そこで電車が入ってくるのを待ち、ミラーに収まったところでパチリ。よく見ると、この写真の中に4つのカラーリングの車両を収めることができました!

Img_4328 こちらが今回の主役、200型式。3種類のカラーリングです。私は真性の“鉄ちゃん”ではありませんので、どの辺がいいのか、マニアックなことは分かりません。

Img_4332 ポイント切り替え機(?)と新しいカラーリングの200型式車両。

Img_4329 200型式リバイバルカラー記念乗車券、臨時売り場(^ ^)。

Img_4326 真性の“鉄ちゃん”はやっぱり買うんですねぇ、この記念乗車券。ちゃんと日付のスタンプも押してもらうんです。これを買うか買わないかで“鉄ちゃん”度がわかりますね。私は買いませんでした(^^;。

434245

3種類の200型式が横長に並びました。視野角ほぼ180度、4枚の写真をPhotoshop CS3で合成しました。CS3のこの機能はスゴイです。まるでフィッシュアイみたいな絵になりました。

Img_4348 帰りの電車の中、最後尾の窓でスローシャッターに挑戦。1/20秒でスピード感は出せたと思いますが、何せ揺れますので車内までぶれてしまいました(>_<)ゞ。車窓の景色も踏切か何かだともっと面白かったかも知れませんね。


感想=「電車は楽しい!」でしたヽ(´ー`)ノ

追記=今回の撮影会は外観だけで、中に乗ることはできませんでした。なので、先日田原町駅で撮った運転席の写真は、かなり貴重なものだと思います(^^)v。

Canon EOS Kiss Digital X
EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

2007年7月14日 (土)

サンドーム福井にて

Img_4301先日(7月8日)サンドーム福井にて、さばえつつじまつりフォトコンテストの表彰式があり、出席してきました。顔見知りでは県知事賞のK氏や、石川県の方で撮影会の常連さんがお一人おられましたが、その他は初めてお目にかかる方ばかりでした。これを機会にいろんな方とお知り合いになりたかったのですが、残念ながらそのような時間は取れませんでした。
会場には入賞作が展示されており、表彰式後、じっくりと拝見し、勉強してきました。まずは県知事賞のK氏の作品ですが、これは明らかに他とは違う異彩を放っていました。講評ではバックの処理などが評価されていましたが、私が感心したのは、モデルさんのポーズです。こう言いますと、それはK氏の技量とは関係ないのではないかと思われるかも知れませんが、実はアングルが巧みなのです。タイトルは『春の妖精』と付けられていますが、まさにモデルさんのポーズが妖精のように見える角度(ローアングル)から撮られているのです。K氏に確認したところ、足先の形だけ少し直してもらうように指示されたそうです。
他の入賞作にも私の想像力では撮れなかっただろうと思える作品があり、参考になりました。しかしあえて言わせてもらいますと、この作品で準特選? あるいは入選? と思えるものも結構あったのは意外でした。よく見るとそこはタッチの差なのです。入賞と落選についても同じだと思いますが、最高賞は別にして、当落を決めるのはほんのわずかの差なのだなぁというのが実感でした。
それから、コンテストの禁じ手というのもあまり気にする必要はないなと思ったのも収穫です。さすがにモデルさんの顔に直射日光が当たっているものはほとんど無かったと思いますが、例えばピント、これは上位入賞作の中でも案外甘いものがあり、これでもいいのかぁと思いました。また、プリントの粒子が粗いものでも入賞しており、評価の基準はもっと別のポイントにあるのだなと感じました。
少し長くなりましたが、最後にまとめると、あまり細かいことにこだわるより、自由な発想を大事にして、大胆に撮っていった方がいいなというのが結論です。

2007年7月 4日 (水)

寄り道・田原町駅

昨日、足羽山散策へ行く途中、えちぜん鉄道と福井鉄道がつながる田原町駅へ寄り道してきました。
今度の土日(7月7日・8日)、福井鉄道でイベントがあるそうです。在来型車両200形式45周年を記念したもので、撮影会などがあるそうです。その200形式を一足先に田原町駅でキャッチできました。

Img_4006 パンタグラフが完全に入ってない! フレーミングが甘いなぁ〜(T_T)。




Img_4009 200形式の運転席までゲットできました!(^^)v

田原町駅は京福電鉄時代の昔からの面影を残す駅舎で、福井鉄道に乗り換えられるところもユニークです。道路で言えばインターチェンジですね。




Img_4015 新しい低床型車両が写っていますが、この写真、実はtetsuさんの“断面”という写真をお手本に真似してみたものです(tetsuさん、ゴメンなさい)。しかし、tetsuさんのOLYMPUS E-330にはかないませんでした。ライブビューに可動式液晶モニターですもんね。私はKiss DXでノーファインダー。フレーミングもピントも運任せ。まぁ、それはともかく、面白い構図ですよね。私も“広角・接近・ローアングル”教の信徒になろうかな(^o^)。

Canon EOS Kiss Digital X
EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

ネタ元

“足羽山散策 その1”で猫とアジサイの写真がありましたが、あれは合成しました(^^;。

Img_4022 猫のネタ元はこの写真です。これは合成じゃありません。百坂を下りていく途中に飼い猫が出てきて、ポーズを取ってくれました。


Canon EOS Kiss Digital X
EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

足羽山散策 その2

昼食が済んで、少し涼んだ後、今度は自然史博物館の方へ行ってみることにしました。道々、脇のアジサイにカタツムリがいないか、ずいぶんと探しましたがいません。

Img_4057 ★石碑の文字をバックに小さなアジサイを撮ってみました。










Img_4071 ★自然史博物館の所まで上っていったら、見つけました! カタツムリではなく、
カマキリ! 小さくて薄茶色だったので、最初はゴミか枯れ葉かと思いました。
ブレないように撮ると絞りが開放気味になってしまい、被写界深度がとても浅いです。こういうときはタムロン90mmマクロより、焦点距離の短い、純正の60mmマクロの方がいいのかなぁと思いました。

Img_4067 石段をさらに登ると継体天皇像です。この写真はバックが白飛びした単なる記念写真みたいなものですが、この像のユニークなこと! 顔や手が異様に大きくて、何だか存在感ありますよねぇ〜。これが普通に八頭身だったりすると、きっとショボイでしょうね。



Img_4072 青いアジサイ。青は土壌が酸性だからだそうです。リトマス試験紙の感覚で行くと、酸性=ピンクと思いますが、反対なんだそうです。


Img_4074 帰る頃には日差しも少し差してきました。NHKだか、福井放送だか忘れましたが、テレビ塔を写真に納めて帰途に着きました。


Canon EOS Kiss Digital X
★印はTAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 (モデル272E)
他はEF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

入賞! さばえつつじまつり

さばえつつじまつりフォトコンテストで入賞しましたぁ! (^_^)v

3137

今朝早く、ブログ友だちのよっさんから電話をいただき、自分の入賞を知りました。(よっさん、早々にありがとうございました) 賞は佳作です。応募総数325点中、入賞42点の中に入りました。
コンテスト入賞はこれで2度目(最初は昨年暮れのイルミネーションコンテスト)。しかし、モデル撮影会では初めてです。モデル撮影会は試行錯誤の中、悩んでいたので、今回の受賞はひときわうれしいです。
受賞作と同じ位置で撮影していた人はいっぱいいたので、私の場合、運も味方してくれたのでしょう。いわゆるビギナーズラックというヤツかも知れません(^^;。
7月8日にサンドーム福井で表彰式があるんだそうです。佳作でもうれしいですね。

Canon EOS Kiss Digital X
TAMRON SP AF28-75mm F/2.8 XR Di