過去ログ一覧

My Original Songs

日本ブログ村

Powered by Six Apart

« 2007年4月 | メイン | 2007年6月 »

2007年5月の4件の投稿

2007年5月18日 (金)

今日の写真:バラ、他

Ixy_0074今朝、いつも通る道沿いにきれいなバラが咲いていたので、思わずパチリ。デジ一眼を持っていなかったので、IXYで撮影。背景をぼかすことができない。
タムロンのマクロを持っていればなぁ。。。残念(v_v)

Ixy_0080 構図を気にして撮ったら、花にカメラの影が。。。(+_;)

Ixy_0086 タンポポの綿帽子。手前のものにピントを合わせたつもりなのに、後ろにピントが。。。

Ixy_0083たぶんウモウゲイトウ、小さくて色とりどりのかわいい花。

Ixy_0088 ロープ一本でビルの窓清掃!

Ixy_0091 デジタルズームでもまあまあの画質。
こんな人のギャラはどんなもんだろうって考えちゃいました。

2007年5月17日 (木)

タムロン90mmマクロ 初撮り

最近タムロン90mmマクロを購入しました。どうせ買うならもう少し早く買えば良かったのですが、お財布の事情により遅れてしまいました。キャノン純正の60mmマクロを薦めてくれる人もいてかなり迷いましたが、巷の評判やネット上でも使用している人の多いことなどから、タムロンにしてしまいました。
先日グリーンセンターで試し撮りをしてきたので、何枚かご覧下さい。

Img_3213 ヒナギク。ちょっと近づいて見た目はこんな感じ。

Img_3210 アップにしてみました。花は直径約1.5cmぐらい。まさに日の丸構図ですね(^^;

Img_3220 これがわすれな草だということを初めて知りました。英語で forget-me-not 。そして forget-me-not といえば尾崎豊ですね。大好きな曲です。
この花、直径1cm以下。ほんの微風でもかなり揺れます。ピントを合わせてシャッターを切るのがなかなかできません。

Img_3227 オダマキ。タマネギ型のドームのまわりにも咲いていましたが、これはハウス内で撮ったもの。このように花全体を撮ろうとすると、ちょっと引いて撮る感じになります。90mmだとAPS-Cサイズでは望遠気味マクロになるので、この辺は慣れが必要な気がしました。

Img_3229 ガーベラ。

Img_3230 シネリア(サイネリア)。花の密集しているところを切り撮ったのですが、何だかパソコンの壁紙のようにも見えませんか?

Img_3236 この花の名前は調べてみましたがちょっと分かりませんでした。

Img_3239 そろそろ帰ろうかなぁと思っていたとき、アゲハチョウが飛んできたのでひとしきり撮影しようと四苦八苦しました。蜜を吸っているときはジッとしていてくれるのですが、羽を閉じていることが多く、なかなかベストアングルで撮ることができません。これも羽の左側はボケていますし、花は白飛びしてしまいました。しかし初めてにしてはこれで大満足です。
halook33pさんが上手に撮られていますね。
昆虫などを撮るときは少し離れて撮れるので90mmのいいところですね。

花のマクロ撮影に関しては、まだまだ勉強が必要だなぁと感じました。ただ大きく撮っただけではつまらないので、どう演出するかが工夫のしどころですね。また、花にしても昆虫にしても写真的技術だけでなく、被写体の研究・観察も大事だと思いました。

【2009/07/23 更新】

え〜〜、このエントリー記事、私のブログでは1、2位を争う、非常にお客様の多い記事なのですが、内容があまり大したものではなく、申し訳なく思っています。タムロンの90mmマクロって人気があるんだなぁってよく分かります。

実はこの度、このレンズをモデル撮影会に使いまして、推薦(一等賞)をいただきました。興味のある方はそちらもどうぞご覧下さい。このレンズ、明るいだけにポートレートで使うというのもおもしろいかと思います。

エントリー記事↓

北陸中日 木場潟撮影会 推薦!

撮影会:さばえつつじまつり

遅くなりましたが、5月4日、鯖江の撮影会です。西山公園は駐車場が少ないことをあらかじめ知っていたので、撮影会は10時からでしたが8時20分頃には現場に着いていました。この日は朝からすでに疲れていました。撮影会ラッシュの最終日でしたし、またこの日は暑かったんですよねぇー。おまけに撮影は西山公園を上ったり降りたり、あちこち移動しましたので終わった頃にはもうくたくたでした。
今回の撮影会は衣装を替えて午前と午後あったのですが、撮影ポイントの移動ペースがこれまでになくスローでした。大勢のカメラマンがいたことを配慮して時間を十分にとろうということだったのでしょう。私はいつものペースのつもりだったので、最初は三人のモデルさんの間を忙しく行き来していました。最初からスローペースだとわかっていればもう少しじっくり撮っていたのにと悔やまれます。
話が長くなってしまいましたが、実は今回いいものがほとんど無いんですよねぇ。160枚ぐらい撮ってるんですが、恥ずかしいことにろくなものがありません。撮ってるときからノリが悪いなと感じてはいたんですがね。その点、よっさんの方はさすが考えて撮ってらっしゃるなと感心します。見せていただくと勉強になります。
まぁ、悪いなりに少しだけご覧いただきましょう。

3037 井上優莉さんです。この方は表情の変化に乏しいモデルさんでしたが、目線をまんべんなくゆっくりとまわしてくれましたね。同じような写真はいっぱい出てくるでしょうね。

3053 タムロン28-75mm、F2.8開放で撮ってます。KENPIさんもおっしゃってましたが、開放だとややソフトフォーカスのようになるみたいですね。これ1枚で即断はできませんが。

3110 梅中ゆりさんです。これは写真としては凡作なんですが、見てくださいこの表情。この方、井上さんとは反対に顔の表情をどんどん変えて見せてくれましたね。ちょっとコミカルなキャラだと思いました。

3114 松山絵里さんです。長身で美脚な方でした(ここには写ってませんが)。

3137 これが今回の中ではマシかなという一枚です。

20日(日)はまた撮影会です。天気が悪くなければ参加したいと思っています。

2007年5月 2日 (水)

撮影会:あわら市吉崎御坊

26674月29日(日)、あわら市吉崎御坊での撮影会に参加してきました。天気は快晴。午後1時から約2時間半の撮影会でしたが、モデルさん二人で、途中休憩を挟んで衣装替えがあり、その分楽しめました。また今回は足羽山の撮影会の時と同じように、フジカラーのスタッフの方がレフ板を持ってくれましたので、その分助かりました。
前日、金沢での撮影会がさんざんだったので、今回はどうしようか考えていました。で、今回は主に望遠側でアップ気味の写真を狙おうと決めました。なので、広角気味に撮ったものはほとんどありません。
早めに現地に行ったので、あらかじめ露出がどの程度かチェックしました。結果、28-75mmのレンズではISOを200に、55-200mmではISOを400に設定することにしました。手ブレ予防のためです。

では撮影順にご覧いただきましょう。

2678 これは今回かなり気に入っている1枚です。表情がいいと思いますし、八重桜と衣装のピンクがシンクロしているのもいいと思います。自画自賛になってしまいましたが、気に入らない点がないわけではないのです。頭の真上にあるボケた花がどうも目障りなんですねぇ。もう少し絞った方が良かったのかなあ。。。?

2697 これを友だちに見せたら、バックのボケはいいけれども、ピントが合っている木の方が目に付いて邪魔だと言われました。まぁ、表情・ポーズ共にイマイチですが。。。

2712 これはポーズがいいなと思ったのですが、広角のレンズに付け替えているヒマがなく、また、後ろに引くと邪魔な植え込みが入ってしまう状況だったので、画面いっぱいいっぱいに納めるのがやっとで、まわりの風景を生かすことができませんでした。柵のところに絡んでいる黒と黄色のロープも目障りですね。このカット、よっさんも撮ってらっしゃるので、そちらと見比べてもらえるとおもしろいと思います。よっさんは青い空を大きく入れてグッドな写真になっています。

2725 これは、かわいい表情とポーズが結構気に入っているのですが、真後ろの木で台無しになってしまいました。いわゆる構図三悪のひとつ、“串刺し”というヤツですね。

2734 これはかなり気に入ってます。新緑とピンクの衣装の色がいいと思います。難を言えば、顔右側の髪がちょっとうるさい感じですね。

2766 これはトリミングしています。まぁ、可もなく不可もなしと言ったところでしょうか。

約160枚ぐらい撮りましたが、何とかお見せできるのは以上です。結構自画自賛していますが、そんなに満足しているわけではありません。辛口のコメントもお待ちしています。
よっさんが撮られた写真などを拝見すると、やっぱりもっと背景を生かさなければダメだなぁと感じました。
ところで撮影会というのは、ポートレートを撮るには過酷な条件下にあるなぁとつくづく思いました。大勢のカメラマンがひしめいて、ポジション取りが難しいし、モデルさんは一瞬しか顔を向けてくれません。時間も限られています。レンズ交換している余裕がほとんどないので、レンズの明るさとか画質を犠牲にしても、18-200mmのようなレンズ一本で臨むのが現実的かなとも思いました。
さて、3日、4日も撮影会です。一体どうなることやら。