過去ログ一覧

My Original Songs

日本ブログ村

Powered by Six Apart

メイン | 2007年1月 »

2006年12月の25件の投稿

2006年12月30日 (土)

2006年読了本

読了日/タイトル/著者名/評価の順です。
評価は、★が1点、☆が0.5点 例えば★★★☆=3.5点
5点満点で、3点が標準。

01.11/翼はいつまでも/川上健一/★★
01.15/症例A/多島斗志之/★★★★
01.18/容疑者Xの献身/東野圭吾/★★★☆
01.20/日本奥地紀行/イザベラ・バード/166/529pで途中放棄
01.25/津軽/太宰治/★★
02.02/明暗/夏目漱石/★★★☆
02.08/続明暗/水村美苗/★★★☆
02.11/手紙、栞を添えて/辻邦生・水村美苗/★★★☆
02.12/無情の世界/阿部和重/★★★
02.23/ツ、イ、ラ、ク/姫野カオルコ/★★
02.25/桃/姫野カオルコ/途中放棄
03.08/自負と偏見/ジェーン・オースティン/★★★★
03.11/東京タワー/リリー・フランキー/★★★★
03.13/宮本武蔵 地の巻/吉川英治/
03.15/宮本武蔵 水の巻/吉川英治/
03.18/宮本武蔵 火の巻/吉川英治/
03.20/悪霊 上/ドストエフスキー
03.25/悪霊 下/ドストエフスキー/★★★★
03.31/宮本武蔵 風の巻/吉川英治/
04.04/宮本武蔵 空の巻/吉川英治/
04.07/宮本武蔵 二天の巻/吉川英治/
04.10/宮本武蔵 円明の巻/吉川英治/★★★★
04.15/南総里見八犬伝(児童書)1妖刀村雨丸、2五犬士走る/原作・滝沢馬琴、編著・浜たかや、画・山本タカト
04.16/南総里見八犬伝 3妖婦三人
04.17/南総里見八犬伝 4八百比丘尼/★★★
04.19/ヴァージニア/倉橋由美子/★★☆(再読)初めて読んだ時はもっと面白いと思ったのに。
04.29/細雪 上/谷崎潤一郎/
05.08/細雪 中/谷崎潤一郎/
05.12/細雪 下/谷崎潤一郎/★★★☆
05.23/夜市/恒川光太郎/★★
06.02/マークスの山 上・下/高村薫/★★★☆
06.08/魔王/伊坂幸太郎/★★☆
07.11/レディ・ジョーカー 上・下/高村薫/★☆
07.20/ダ・ヴィンチ・コード 上・下/ダン・ブラウン/★★★
07.23/女たちは二度遊ぶ/吉田修一/★★☆
07.27/夜の公園/川上弘美/★★
07.29/プラスティック・ソウル/阿部和重/★
08.09/白痴 上/ドストエフスキー
08.19/白痴 下/ドストエフスキー/★★★☆
09.05/ラス・マンチャス通信/平山瑞穂/★★★
09.29/シンセミア 上・下/阿部和重/★★★★(再読)
10.07/グランド・フィナーレ/阿部和重/★★★☆(再読)
10.25/博士の愛した数式/小川洋子/★★★
12.10/罪と罰 上・下/ドストエフスキー/★★★★(再々読)

12.30/風が強く吹いている/三浦しをん/★★★☆(予定)(^^ゞ

こうやって列挙してみると、後半、、、特に10月に一眼レフデジカメを買って以降、極端に少なくなっているなぁ。(^^;
12月にはブログも始めたし、来年はもっと少なくなりそう。
(;´д`)トホホ

2006年12月29日 (金)

勝山から大野へ

暖かい12月でしたが、とうとう雪になってしまいましたね。せっかく雪が降ったのだから、雪に関するトピックをと思いましたが、前回の続きが残っているので、そちらを先にやりたいと思います。
前回、えちぜん鉄道の撮影で終着の勝山駅まで行きましたが、天気も良く、時間もあったので、大野まで足を伸ばすことにしました。北陸の小京都とも言われているので、いい絵が撮れるかなという期待もあったのです。
Img_0540_2 Img_0546_3 まず、勝山バイパスを大野へ向かう途中、何といっても目を引くのが、越前大仏と勝山城(博物館)でしょう。 どちらも歴史的建造物ではないので、文化財としての価値は低いかもしれませんが、建造された時期から、バブル経済の遺産と言えるかもしれません。
大野市内に入って、まず中心部にある大野市観光協会に駐車させてもらい、大野の見どころを教えていただきました。お寺が集中している寺町通りを始め、石灯籠通り、平成大野屋、名水百選のひとつ「御清水(おしょうず)」、朝市で有名な七間通りなど、市内のごく一般的な散策コースをぐるりと一回りしてきた感じです。残念ながら大野城は工事中だったので行きませんでした。Img_0550
寺町通り界隈にある長勝寺

Img_0552 平成大野屋。観光案内に特産品販売・郷土料理提供などの機能を備えた、まちなか観光の中心施設。

Img_0553_1 平成大野屋の裏側にある二階蔵(にかいぐら)
Img_0557二階蔵に展示されていた七間朝市の様子(ミニチュア)

Img_0560 御清水(おしょうず)

Img_0569 七間朝市通り

Img_0576 七間朝市通りで見つけた昔ながらの造り酒屋Img_0575_1

今回は観光名所巡りみたいなものでしたが、もっと裏道を探検してみた方が大野の意外な素顔を見つけられるのかもしれませんね。

2006年12月25日 (月)

えちぜん鉄道ロケハン

今日は快晴。たぶん今年最後の晴れになるかもしれない、そう思い、以前から行きたかった、えちぜん鉄道勝山永平寺線沿線のロケハンに行ってきた。
鉄道沿いの道を車で走らせながら、良さそうなスポットを探すのだが、脇見運転になってかなり危ない(^^;。適当なところで横道に入り、踏切横に車を止めた。志比堺〜永平寺口間のカーブになっている辺りだ。フレーミングを考えるまもなく、警報機が鳴り出し、勝山行きの電車がやって来た。
Img_0517_1
あっという間に走り去ってしまうので、連写モードにしていても3,4枚撮るのがやっとだ。その内1枚、タイミングが合っていればいい方だろう。これは思ったより難しい。
ふと、鉄道沿いの古い土蔵に目が止まる。
Img_0524
こんな土蔵は、自分が住んでる町にはない。
。。。すぐに逆方向の福井行きが来たが、速い速い(@_@;)。カメラを向けても余計なことを考えているヒマなどない。まるでシューティングゲームだ。すぐ近くで撮る場合、自分の思った構図&位置でとらえるのは至難の業!?
次は山王の駅のホームから撮ってみた。
Img_0530_1
これは停車中。

同じく山王の駅から逆方向の電車を写す。
Img_0531
車両がもっと長いと列車の側面も見えて良いのだが。。。

最後は終点、勝山駅に入ってくる電車。
Img_0537_1
今回は車を使っての移動だったが、よりよいスポットを探すには、車の入らないところまで足を使わねばならないなぁと感じた。それに、今日は雪もなく、また花などのアクセントになる物もなかったので、ただの電車写真になってしまった。
えちぜん鉄道のデザインやカラーリングは、なかなかモダンだと思う。京福電鉄時代のデザインも逆にレトロでノスタルジックではあったが。。。
次は、三国芦原線も見に行きたい。福井鉄道とつながる田原町駅辺りも良さそうだ。
さて、今回の奥越方面行きは、続編があります。また近いうちにアップします。

2006年12月23日 (土)

1リットルの涙

最近、過去のTVドラマをDVDで2タイトル観た。『1リットルの涙』と『ラストプレゼント』だ。偶然両方とも不治の病モノだった。こんなの2つ続けて観るかなぁーー、と自分でツッコミを入れたくなったが、知らなかったのだからしょうがない。いきさつはこうだ。
最初観たかったのは、『1リットルの涙』。妹がTV放送終了後に、「あれは号泣もんやったわー。」と言っていたのを思い出したからだ。ところが、TSUTAYAに行ってもレンタル中ばかり。そこで別の知人が感動したと言っていた『ラストプレゼント』を思い出し、先に観ることに。。。というわけだ。
しっかし、よう似た話やったわー(>_<)。1リットルは娘が、ラストプレは母親が不治の病にかかって、最後には死ぬというお話。確かにところどころ泣かせる場面もあったが、全面的に感情移入できなかったというのが正直な感想。
やはり、連ドラはリアルタイムに週一のペースで観ないとダメだなと思った。CMもないDVDで、第1話から最終回まで一気に観てしまうと、1話1話のエピソードを消化して徐々に感情移入していくプロセスが欠けてしまうようだ。
ところで、私は泣かせるドラマとか、泣かせる映画とか、泣かせる本とか聞くと、ついつい観たり読んだりしてみたくなるのだが、なかなかホントに泣けるものは少ない。そんな中で、今年ホントに泣かされたものがひとつだけある。それは、リリー・フランキーの『東京タワー』だ。これにはやられた。反則ワザを使って涙腺のツボを攻められた(T_T)。歳の納めにひと泣きしたい方にはオススメ。
Dscf0024aさて話は連ドラに戻るが、最近のものでは、『14才の母』とか『のだめカンタービレ』などが評判のようだ。どちらも二三回しか観ていないが、のだめの方は、クラシックのおいしいところが楽しめて、面白いと思った。
他に、今年面白かったドラマとしては『小早川伸木の恋』を挙げておきたい。
デンマークカクタス
FinePix4700z 花がピンボケに。。。(;´д`)トホホ

2006年12月20日 (水)

北潟湖へロケハンに

おくちゃんさんの写真に刺激されて、昨日北潟湖へロケハンに行ってきました。なんだ、ただの真似しんぼじゃないか、と言われるのを覚悟の上で。
初心者は真似しながら学習するしかないと思うのです。で、実際行ってみるとそれほど良さそうなとこってあんまり見あたらないんですよね。おくちゃんさんは、明け方とか夕方という時間帯や季節の違いによって、北潟湖の美しい一瞬を切り取っておられるのがよく分かりました。きっと足繁く通ってらっしゃるんでしょうね。
私が撮ってきたものを何枚か載せておきます。
Img_0509

Img_0514

Img_0506

次に行く時は、雪が降った時とか、早朝をねらって行ってみたいです。

Img_0495 北潟湖へ行ったついでに、吉崎御坊まで足を伸ばしてきました。季節外れということもあってか、人影は全くなく、面白みのあるものもなかったです。

Img_0503
高村光雲作の蓮如上人像。

2006年12月18日 (月)

風の森ギャラリーへ

F1000022昨日と今日で年賀状を作り終えた。もちろんネットのフリー素材をちょちょっとアレンジして作った、手抜き年賀状だ(^^ゞ。こういうことはサッサと片付けてしまいたい。
さっそく投函しに行ったら、郵便局の前には門松飾りが。。。ケータイで撮る。もうそんな時期なのかと改めて気付く。その後、FUDOUさんに勧められた風の森ギャラリーへ写真展を見に行った。Img_0468
さすがに入賞したものばかりなので、どれを見ても力作ぞろいだった。風景やスナップ写真が多かったが、どれも貴重な一瞬をとらえている。全体を見て感じたのは、人物写真のおもしろさだ。自分ももっと人物の入ったスナップやポートレート写真を撮りたい!と思った。なかなかそんなチャンスが無いんだよねぇ。最近つくづく思うのは、人物の場合、肖像権とか個人情報の問題とか、ホント、やっかい。犬や猫ならいくらでも撮らせてくれるけど、人間の場合、まず断られるね。ULALAの表紙写真みたいなの撮ってみたい!(>_<)

Img_0472 風の森ギャラリーで見かけたサンタさん(*^^)

2006年12月16日 (土)

ガレリアポケット 追加

ガレリアポケットのツリーに近づいたものを追加します。Img_0435
これは、クロスフィルターをかけてみました。

Img_0438

これは単にピントをぼかしただけのものですが、ツリーにだけピントを合わせてバックをぼかせたらよかったのになぁと今になって思います。しかし、これくらいの画角だといくら絞りを開放にしても、両方にピントが合っちゃうみたいです。あとは、レタッチで作っちゃうしかないですかねぇ。

イルミネーション その3

今日(15日)、またイルミネーションの写真を撮りに行った。福井駅西口の写真が今ひとつ納得がいかなかったからだ。イルミネーションその2でアップした写真では、福井駅の建物が暗く、「JR福井駅」の文字がほとんど見えないからだ。そこで今日は日没直前から現場に待機し、徐々に暗くなっていくごとに何枚か撮ってみた。結果、前のものよりはましなものが撮れたが、まだ納得がいかない。もっと良いものが撮れるのではないか。また日を改めて撮り直してみようと思う。
代わりに露光間ズーミングを試してみたので、それを載せます。
Img_0404
露光間ズーミングって、ズームしている間はミラーが上がったまま。どれくらいズームするかは、あらかじめ確認してはおくものの、勘と偶然によるところが大きいですね。難しいです。

元生活創庫があったところにこんなイルミネーションがありました。
Img_0414
実はこの写真、少しいじってます。イルミネーションはいいのですが、せっかくのリース飾りが暗くなってしまいました。そこだけちょっと明るくしてあります。(^◇^;) 手抜きなやり方ですが。。。

あと、ガレリアポケットの写真も撮ってきました。
Img_0422
人がいなければよかったのですが。。。(~ヘ~)ウーン

2006年12月14日 (木)

06年11月下旬の写真より

11月の18、19日には、三国カニ祭りがあった。ボクは18日に出かけてみた。天気は晴れ。
Img_0162
期待していたほど面白い被写体はなかった。やっぱり写真を撮りに行くというよりは、新鮮で市価より安いカニを買いに行くところなのだ。
Img_0159

駐車場で出くわした面白い光景。
Img_0156
シートに座るワンちゃん2匹!(^◇^)

Img_0163
大きなカニディスプレイが人目を引く魚問屋。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
21日には紅葉を求めて、石川県加賀地方の那谷寺へ。
Img_0193

Img_0185

Img_0194
那谷寺は奇岩の山肌と紅葉の組み合わせだったが、紅葉というには、今ひとつ期待はずれだった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最後は、25日、鯖江の西山公園にて紅葉狩り。ここでは、たくさんの紅葉が見られ、写真もいっぱい撮ったが、出来のいいものはわずかだった。紅葉をきれいな写真に切り取るのは難しい。
Img_0208

Img_0218

2006年12月13日 (水)

( ^_^)/□☆□\(^_^ )カンパーイ!

私のブログでイルミネーションの写真を見てくださった方へ。
ぜひFUDOUさんのページも訪れることをお勧めします。

ただ一言、完敗です。(T_T)

どなたか私になぐさめのコメントを下さい。
でないともう立ち直れそうにありません。